【ブレワイ以前が好みの私に刺さった】Switch版「ゼルダの伝説スカイウォードソード」感想・レビュー

Wii版では、操作のやりにくさのせいで早々に投げ出してしまった「ゼルダの伝説スカイウォードソード」。

今回はSwitch版ということで、プロコンだけで快適にできそうだったので再チャレンジしてみました。

結論からいうと、あいかわらず操作性は良くない。

でも、それを理由に投げ出すのはもったいないくらいにめちゃくちゃ面白かったです。

ということで、Switch版「ゼルダの伝説スカイウォードソード」の感想およびプレイレビューです。

「ゼルダの伝説スカイウォードソード」感想レビュー<良かった点>

「ゼルダの伝説スカイウォードソード」で良かったと思った点から感想を述べます。

ストーリーが良い

Wiiでの操作のしづらさを我慢してでもクリアしておけばよかった。

そんな後悔が湧いてくるくらい、「スカウォ」のストーリーが良かったですね。

やっぱりゼルダ史の一番最初に当たる作品だからでしょうか。ワクワクが最後まで止まりませんでしたね。

「ゼルダの伝説」というタイトルの意味、マスターソードの歴史・・・

すべてのはじまりの物語ということで、ひさびさに心躍りました。

私の話になりますが、私が初めてプレイしたゼルダ作品は64の「時のオカリナ」です。

このときプレイするまで、主人公の少年がゼルダだと思っていました。最初は作品名に驚いたんですよね。

「時のオカリナ」プレイ後は、「ゼルダの伝説」というタイトルに違和感を抱くことはありませんでした。

それからかなりの時が経ち、いつの間にかただの作品名としてしか「ゼルダの伝説」というタイトルを認識しないようになっていました。

でも、「スカイウォードソード」をやってみると・・・

改めて「ゼルダの伝説」という作品名の意味について考えてしまいました。

初プレイ時抱いた疑問にようやく答えが示された気がして、「ゼルダの伝説」というゲームの奥深さを感じましたね。

「ゼルダの伝説」の世界観や設定、時系列は後付けなのかもしれませんが、こんなにスケールの大きい物語なんだなと感動したんです。

謎解きが楽しい

小さな謎解きダンジョンがたくさん各地に散りばめられている「ブレワイ」も、それはそれで楽しかったです。

でも、個人的にはストーリー性のあるスケール大きめのダンジョンを攻略することにゼルダの面白さを感じているんですよね。

だから、これなんですよね。「スカウォ」みたいなゼルダがやっぱり私にはしっくりきました。

コンセプトのある神殿を攻略していくのが「ゼルダの伝説」の醍醐味だなと。

とくに砂上船なんか興奮しました。1度作動させた仕掛けを再度もとに戻して進めていく・・・なんて最高にゼルダやってるなと感じましたね。

謎解きの気持ちよさとほどよい難易度に、「時のオカリナ」や「ムジュラの仮面」好きな私はグッときました。

周囲をグルっと見渡して、新しいアイテムをどう使ったら道が開けるんだろう・・・あの考える時間が楽しいんですよね。

コントローラーだけで操作できる!

コントローラーだけで操作できることがどんなに快適か・・・。

Wiiというハードがあんまり好きじゃなかったんですけど、その理由がリモコンやヌンチャクで操作しなければならなかったからなんですよね。

ゼルダは好きなのに、操作のしづらさで「スカウォ」を挫折してしまった・・・。

今回のリマスター版では操作をすべてコントローラーで完結させることができるので、これだけでもめちゃくちゃ良かったです。

ただ、コントローラーだけでプレイできるのは良いんですけど、操作性が良いかというと悪いかなと感じました。

慣れればそんなにストレスは感じませんが、それまでが大変です。

「ゼルダの伝説スカイウォードソード」感想レビュー<気になった点>

Switch版「ゼルダの伝説スカイウォードソードHD」で気になった点を書きます。ほぼ操作性の悪さについてです。「ブレスオブザワイルド」も最初は操作が複雑だなと感じたんですけど、Switch版「スカウォ」はそれ以上に複雑だと思いました。

空の移動が億劫

本作は空に浮かぶスカイロフトが拠点で、移動手段は鳥です。

そしてその鳥の操作がちょっと難しいんですよね・・・慣れても着陸時は慎重にならないといけなくて。

着陸に失敗してしまうと最後に降り立った地点から再スタートとなり、そこにストレスを感じました。

一度触れたことのある鳥のモニュメント間でファストトラベルできたらよかったんですけどね。

空の移動が醍醐味であるとするなら、もっと快適で気持ちよく移動できるような操作性にしてほしかったかなと感じました。

移動のやりにくさのせいで、寄り道や探索が億劫になるのが残念。

操作性が悪い

良い点でも触れたんですが、操作性はぶっちゃけ悪いです。

普通のコントローラーでプレイできることはありがたいのですが、コントローラーの操作がま〜〜〜よくないんですよね。

コントローラーの右スティックって、だいたい視点変更用として使われるじゃないですか。

ところが「スカウォ」だと、右スティックを使って剣のアクションをしないといけないんですね。

これが慣れるまでやりにくい。癖で視点切り替えしようとして剣を取り出してしまうことが多かったです。

また、アイテムの使い方もややこしいです。ボス戦ではアイテムを使って戦うことも多いですが、アイテムの使いにくさのせいで被弾してゲームオーバーすることもあったりして、かなりストレスでした。

アイテムくらい思考停止で使える簡単操作がよかったなぁ。

あと、スティックの押し込みアクションがあるのも微妙でした。

より正確にいうと、使用頻度の高いアクションをスティック押し込みに割り当ててほしくなかった、ですね。

たとえば、マップを開いたりなどの使用頻度低めのアクションなら、スティック押し込みでもよかったんですよ。

ただ、盾やアタックという「ゼルダの伝説」でよく使われるアクションがスティック押し込みに割り当てられているのは疑問でした。

とくにアタックなんてやりにくくてしかたなかった。

ファイがヒント出しすぎなのが気になった

過去作でいうところのナビィ、チャット、赤獅子の王、ミドナなどの位置づけであるファイ。いわゆる相棒キャラですね。

このファイが、ちょっとヒントを出しすぎなんじゃないかと思いました。

とくにダンジョンを攻略しているときに露骨な攻略方法を話されると、興ざめしてしまいます。

次何をしたらいいのか、何を使って攻略するのか悩む時間もゼルダの醍醐味だと思うので、すぐに答えに近いアドバイスを喋られるのが気になったんですよね。

たとえば、リンクの体重だけでは押せないスイッチがあるとしますよね。

そんなとき、ナビイなら

「このスイッチ、リンクの体重じゃ押せないヨ」

くらいのセリフに留めると思うんですよね。

ところがファイは、

「マスターの体重で押せない確率99%。重しとなるものを捜索することを推奨します」

っていう感じで具体的なアドバイスをしてくるんですね。

どこに行っても上記のようなイメージでアドバイスされるものですから、自力で答えを導き出したい私からすると微妙に思いました。テンポも悪くなりますし・・・。

前半はチュートリアル的な意味合いで頻繁に出てくるのはわかるんですが、ずっとですよ。最後までいたる場面で指針を示してきます。親切を超えておせっかい。

強制的にアドバイスせず、ファイを呼び出したときだけ教えてくれるようなシステムにしてほしかったです。

せめて愛嬌あるキャラなら・・・許せた可能性60%。

「ブレワイ」以前のゼルダが好みな人にはハマると思った

最後に、個人的に思った「こういう人はスカウォ好きそうだな」ということを書きます。

それは、「ブレワイ」以前のゼルダが好きな人に「スカウォ」はハマりそうだなということです。

まあ、Switchの「スカウォ」はリマスターだからゼルダ好きな人はすでにやっていそうですけど・・・

私のように、ゼルダは好きだけどWiiでの操作性の悪さのせいで投げ出してしまった人は絶対にやるべきだなと思いました。

「ブレワイ」への流れを感じさせながらも、昔ながらのゼルダ感も強くあるからです。

示された順番どおりに神殿に行き、新しく入手した武器で道を切り開いていく・・・

ああ、私の好きなゼルダってこれだなと。

64のゼルダでゼルダを好きになった私にとっては、それの延長線上にあるような作風の「スカウォ」は好みでした。

「ブレワイ」は、これまでのゼルダとはまったく違う形のゼルダですしね。

逆にいえば、「ブレワイ」からゼルダを始めた人からしたら「なんか違う」と感じるかも。

「ブレワイ」は「ブレワイ」でめちゃくちゃ楽しんだ私ですが、スケールが大きくてコンセプトを持ったダンジョンを攻略していくことにゼルダっぽさを感じている私に「スカウォ」はめちゃくちゃヒットしました。

古き良き3Dゼルダという印象です。

操作性が悪すぎてコントローラーをぶん投げたくなる衝動に駆られることもありましたが、抜群に面白くて良いですね。

「ゼルダの伝説スカイウォードソード」感想レビューまとめ

Wii時代早々に投げ出してしまったのが悔やまれるくらい、ストーリーやキャラクター、ダンジョン、ボスは魅力的でした。

操作性や空の移動、ファイの存在に対してはネガティブな感想を持ちましたが、それ以外はめちゃくちゃ楽しいですっ

クリアしたいのにクリアするのがもったいない感覚。

久しぶりにゲームを終わらせたくない気持ちになりました。

空きビンやハートのかけら、黄金のスタルチュラを彷彿させる感謝の気持ち集め・・・

ああ!ゼルダやってるな!!私!!!

なんか久しぶりにゲームでワクワクを体験した気がする。

「スカウォ」のゼルダも可愛すぎてですね・・・初めてamiiboってものを買っちゃいました。

「時のオカリナ」のゼルダが至高だと思っていたけど更新されそう・・・

(ちなみにamiiboはあっても劇的に便利になるというわけではないです)

「ブレワイ」のあとにやると見劣りしてそそられない・・・なんて人も私の周りにいるんですけど、むしろ「ブレワイ」より前のゼルダが好みの私にとっては「スカウォ」最高でしたね。

ギラヒム様もガノンドロフに匹敵する悪役としての魅力がありますし。憎めない敵っていいですね。