私の人生を狂わせたゲーム10

ほぼ一年半越しに「金色のコルダオクターヴ」クリアしたけれどやはり微妙だった。レビューと感想書きます

「遙かなる時空の中で7」をフルコンプして余韻に浸っていたら、「金色のコルダオクターヴ」を発売日にプレイしたのに、1周もクリアすることなくリタイアしたのを思い出しました。

さすがに1周もクリアしていないのはちょっとなぁと思ったので、1年半越しに再開してみました。

セーブデータ確認したら、3時間ほどプレイしたところで止まってましたね・・・笑

しかもセーブデータ自体もひとつしか作ってなかったし、相当はまらなかったんだな・・・。

ちなみに「金色のコルダ」シリーズは無印からすべてプレイ済みです。

そんな私の「金色のコルダオクターヴ」をプレイした感想レビュー。

ほぼ一年半越しに「金色のコルダオクターヴ」クリアしたので感想レビュー

発売日にちょろっとプレイして、それきり放置になっていました。

ほとんど1年半ぶりの再開です。

とりあえず2周やってみたので、その感想を書いていきます。

アニメっぽいビジュアルが微妙

塗りって言うんですかね・・・ビジュアルがアニメみたいになっていて、その時点で「うーん」とは思っていました。

色鮮やかすぎ!

「金色のコルダ」はこんなにポップじゃなくて、あの甘々した少女漫画っぽいのがいいんじゃないか。

・・・でも、ビジュアルはまだ妥協できます。

発売日前からわかっている情報なので、嫌だったら回避できたわけですし。

クラシック音楽じゃないとダメ

せめてゲーム内で演奏する音楽がクラシック音楽だったらもう少し楽しめたかもしれません。

ぶっちゃけキャラソンは・・・

私はもともと興味ないタイプなので楽しませんでした。

好きな人は多いと思うし、別に「金色のコルダ」にキャラソンがあること自体は何とも思いません。

でもゲームの中に持ってきてほしくなかった。

そこは別でしょうと、私は思ってしまいました。

クラシック音楽って、「金色のコルダ」の世界観をつくる重要な要素だと思うんですね。

クラシック音楽と登場人物たちは切り離せない関係性なので、そこからキャラクターだけ持ってきたらもうキャラゲーでしかないですね。

あのキラキラとした繊細な世界観が完全に崩壊していて残念でした。

「金色のコルダ」としてプレイするんじゃなくて、キャラゲーとしてやるのが正解な気がしました。

“キャラゲー”としての「金色のコルダ」にはそそられなかった

ここはもう割り切ってキャラゲーとしてプレイしてみようと思いました。

でも、キャラゲーとしてプレイする「金色のコルダ」には全然そそられず・・・最初から最後まで気持ちが入らなくて楽しめませんでした。

イベント自体が少ないのもありますが、取ってつけたようなイベントだから感情が乗らなかったんですよね。

「金色のコルダ」は、キャラクターそれぞれの物語、成長、恋愛過程が丁寧だからこそ私は好きなんですよ。

「金色のコルダオクターヴ」にはそれがなくて。

ただコルダキャラがわちゃわちゃしているだけという印象でした。

音ゲー特化であればよかったかも

キャラゲーとして出すのであれば、音ゲーメインにするとかでも良かった気がします。

たとえば、登場人物ごとにテーマのクラシック曲があって、それらを演奏して一定の水準を満たすとイベントが解放される、みたいな。

土浦なら、「幻想即興曲」や「小犬のワルツ」をSランクでクリアしたら土浦とのデートイベントが解放されるとか。

そのイベントも、「金色のコルダ3」の観覧車や仙台旅行、神戸旅行みたいな感じのやつで。

音ゲーに特化したようなゲームだったら、まだ楽しめたのかもと思うんですよ。

「オクターヴ」はノベルゲームとしても微妙だし、音ゲーとしても微妙なので・・・。

中途半端だから、キャラごとのイベントもエンディングも全然気持ちがノリませんでした。

「金色のコルダオクターヴ」、良い点はあったのか

不満ばかり書いてきました。

逆に良いところはなかったのか?と考えてみました。

でも、見つからない。本当に良かったと思う点が見つからない。

強いて挙げるなら・・・

香穂子verコルダメンバーとかなでverコルダメンバーの夢の共演が見られることくらいかな?

人によってはテンション上がるポイントかも。

私はそんなに感動はなかったな。

むしろ「あの月森蓮!?」「握手してください!」みたいな反応が寒く感じてしまった・・・。

「金色のコルダオクターヴ」は別ゲームとしてプレイするべき

結論、「金色のコルダオクターヴ」は「金色のコルダ」にあらず。

プレイするのであれば別ゲームとしてするべきだと私は思いました。

今までコルダシリーズはどのタイトルも何周もしてきましたが、「オクターヴ」に関しては2周してもう限界です。

響也と東金だけクリアしましたが、たぶん3人目を攻略することはないと思います。

香穂子verもやりたい気持ちはありましたが、既読スキップできないから文章を読むのが億劫で1周もしていません・・・。

余談

香穂子verのコルダでは月森が好きだったけど、まさか攻略せずに終わるとは・・・。

無印ではトゥルーエンドになかなか辿り着けず、何周も攻略したのにね。

ただキャラが好きなんじゃなくて、「金色のコルダ」のあの世界観における月森が好きなんだなと実感。

かなでverコルダでは本当は八木沢部長が本命だったけど、こちらも未攻略・・・。

さきに響也と東金やって力尽きちゃいました。

八木沢部長好きだったんだけどなぁ。アナザースカイでは至誠館だけトレジャーBOX買いましたからねー。

こちらもまさかの攻略せずでした。