「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」アンジュとカーフェイのイベントを久々プレイしたけど大人になってからのほうが感動するし泣ける

「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」をプレイしたのは小学校低学年のころだったと思います。

任天堂64で、その前にプレイした「時のオカリナ」がとてもおもしろかったから、その流れでプレイしたんです。

(といっても「時のオカリナ」も「ムジュラの仮面」も低学年だったからダンジョン攻略は親に任せてましたが・・・)

で、「ムジュラの仮面」で私がすごくはまったのがサブイベント。むしろ本編よりもサブイベントに夢中になっていました。

中でもアンジュとカーフェイのイベントは何度も何度も失敗したことと、ほかのサブイベントよりもシビアで感動的だからとても印象深いんですよね。

それを久しぶりにプレイしました。64→バーチャルコンソール→3DSでプレイしてきたから5年ぶりくらいかな?

とても感動的なイベントなので、思い出に画像とりまくって記録しておきました。

※スクショ機能がないので画面直撮りです。見づらいですがごめんなさい

「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」サブイベント<アンジュとカーフェイ>の記録

「ゼルダの伝説ムジュラの仮面」アンジュとカーフェイのイベントを追っていきます!

「ムジュラの仮面」サブイベント<アンジュとカーフェイ>①アンジュからの依頼

まずはナベかま亭で宿をとる。ここは数年ぶりのプレイだけど覚えてた!

ナイフの間。でもデクナッツリンクで宿の裏口から入れるからカギもらわなくても良かったような覚えも。

ごめんね、同名のゴロン族・・・。

今思うとこのイベントよく攻略本見ずにクリアしたなって思う。クリアまで何回失敗しただろう。

宿をとったと思ったら直後にポストマン来訪。「時のオカリナ」ではマラソンマンでしたね。

カーフェイからの手紙を受け取るアンジュさん。

カーフェイのお面をつけてアンジュさんに話しかけると・・・

アポイント。

ちなみに64でプレイしたとき、厨房へ向かって歩くアンジュさんがバグで全然進まずリセットしたことがあります。

アンジュさんから手紙を預かる。これをトイレットペーパーとして宿に住むトイレの精に渡すのは罪悪感がありましたね。

当時プレイしていた方はたぶん一番ワクワクしたイベントでしたよね?

当時は小学生だったからよくわかりませんでしたが、おとなになってからプレイするとよりこのイベントの感動がわかる。

「ムジュラの仮面」、全員を幸せにしてクリアしたかったけど誰かが幸せになると誰かが不幸になるんですよね・・・。

「ムジュラの仮面」サブイベント<アンジュとカーフェイ>②手紙をだそう

11時までに手紙をだそう。ちなみにクロックタウン北に1日目の夜行くとおばあさんがサコンにお面を奪われる場面に遭遇しますが、このイベントでは助けたらダメなんですよね・・・。

1回目すっかり忘れていて助けてしまいました。

ポストマン回収。ポストマンの足音がなんか64と違う気がする・・・気のせい?

64のころに比べてポストマンの部屋が豪華になったような・・・?「風のタクト」の竜の島の仕分けを思い出させるつくりになってた。

ポストマンを追跡。

カーフェイに手紙を渡すポストマン。

手紙を受け取ったカーフェイをつけて・・・。

家に入る。

当時はカーフェイの家に入れた時点ですごく感動しましたね。

キータンのお面をかぶってるカーフェイ・・・。

知ってた!!

大妖精に会いに行ったときに婚礼の面をサコンに盗まれたカーフェイ。

お面を持って会いに行くとアンジュに約束したから、まだアンジュの前に出ていけないとのこと。

思い出のペンダントをカーフェイから預かりました。

ゼルダシリーズやほか任天堂作品で有名なセリフ「ミンナニハ ナイショダヨ」。

もともとはゼルダの伝説に出てくるNPCのセリフなんだって。

バクレツのお面を持つおばあさんを1日目に助けてしまったら、3日目もカーフェイはずっとここにとどまってしまう。

思い出のペンダントをアンジュさんに渡しに行く。

お母さんたちと一緒にロマニー牧場に逃げる予定だったけど、ペンダントを渡すと宿に残ることを決意します。

何かひとつ間違うとカーフェイに会えなくなるから難しい。実際この記事書くためにプレイした1回目はおばあさんを助けてしまったのでアンジュさんは来るはずないカーフェイをずっと待ち続けるという悲しい結末になってしまった・・・。

「ムジュラの仮面」サブイベント<アンジュとカーフェイ>③サコンのアジトへ

夜中になると、マニ屋が開店。そこにサコンがやってきます。

小学生だった初プレイ当時はおやじさんとサコンの会話の意味がよくわかってなかった。

3日目になると、カーフェイがいた部屋にマニ屋のおやじさんがいます。サコンのアジトにカーフェイは向かった。

サコンはイカーナ出身・・・ということはもしかしたらパメラやあのトラウマお父さんとも知り合いかもしれない。

イカーナの渓谷に行くとカーフェイが待機してる。

サコン登場。ちなみに64時代サコンがアジトに走って向かうけれど全然進まないバグがありました。ここまできたのにバグって・・・ショックでしたね。

このあとはドキドキの太陽のお面奪還なので画面撮る暇がありませんでした!

時間の流れをゆっくりにしようと思ってたのに忘れて絶望したけれどクリアできた。

このミニゲームで失敗したときは結構萎えましたよね。

さっ!アンジュさんのところに行こう。

「ムジュラの仮面」サブイベント<アンジュとカーフェイ>④アンジュに会いに行こう

ナベかま亭に戻ってしばらくするとカーフェイが!ああ、長かった。当時ここまでくるのに何十回失敗したことか・・・。

これでクリアすれば、エンディングはアンジュさんとカーフェイの結婚式が見られます。

本当はEDものせたかったけど、子どもたちにお面渡して遊ぶアレやらないといけませんよね・・・。私ゴロンのやつが苦手すぎてできる気がしなくて。

「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」サブイベント<アンジュとカーフェイ>は大人になってからやるとグッとくる!!

これ、プレイした当時私自身は小学生だったんですよね。

だからか、感動的なイベントだというのは思っていたけれどそこまでピンときてなかったんですよ。

月が落ちてくるというのに、来るかわからないカーフェイを待つよりお母さんやおばあちゃんと一緒に逃げたほうがいいでしょって。

カーフェイもカーフェイで、こんな近くにいるんだから姿やお面がどうであれアンジュさんに会いに行けばいいのにって。

でもですよ。

私は64→バーチャルコンソール→3DSで「ムジュラの仮面」をプレイしてきたのでこの「めおとのお面」イベントも幾度となくやってきましたが、プレイした年齢で感じ方変わってきましたね。

そりゃ行方不明になった恋人は毎日気になるし、思い出のペンダント渡された日には何があっても待つことを選択するよねって。

(ただ私は女性だからアンジュさんの立場で考えてしまうんですけど、約束とかいいから姿を見せてほしいと思ってしまうのは今も変わりません・・・!)

本当に感動するこのイベント。大人になってからのほうが段違いで感動する。

「ムジュラの仮面」のスゴイところってこういうところだと思うんですよね。

プレイする年齢や状況だったりで感じ方が変わるんですよね。

アンジュさんのお母さんにカーフェイのお面をつけた状態で話しかけると「不愉快な顔見せるな」という感じで怒られるんですけど、その気持も今ならわかる。

そりゃあ娘を置いて来てたカーフェイは信用できないし、一緒に逃げなさいって思うよね。

でも、思い出のペンダントを受け取った世界でのアンジュさんには、最終的に残ることを許すんですよね・・・(ペンダントを渡さなかったらアンジュさんも牧場に行く)。

深い。深いっていうと曖昧な感想だけれど深い。だから定期的にプレイしたくなるんだよなぁ。