【甘すぎ注意】「遙かなる時空の中で6」片霧秋兵ルートの感想

こちらの記事でダリウスルートが一番好きと言ったばかりなのに・・・

スマンありゃウソだった。

いや、ウソではない。ウソではないんだけど、正直今回の秋兵さんルートのほうが甘くて好きでした。

キャラとしてはダリウスのほうが好き。ただ、恋愛イベントは秋兵さんのほうが破壊力あって良かった。

こんなに甘くていいのですか?

「遙か」シリーズは2と5は未プレイだし、プレイ済みのタイトルも未攻略キャラちらほらいますけど、こんなに甘いルートはほかに知りません!

ああわかった!秋兵さんルートのせいでR-15なんですね納得!!!

てわけで「遙かなる時空の中で6」片霧秋兵ルートの感想です。

「遙かなる時空の中で6」片霧秋兵ルートの感想

最初に攻略したのはダリウス。次は有馬にしようと思ってたけど、秋兵さんの爽やかイケメンぶりにダリウスを攻略しつつ惹かれたので、迷わず秋兵さんルートへ。

すごい軽い印象だったけど、そんな人が本気になる展開って熱いですよね?

軽い!甘いけど軽すぎ〜〜〜

ダリウスルート攻略中は、軽めだけど物腰柔らかな優しい人という印象でした。

でも実際に攻略してみると、ま〜〜想像以上にかるっかる!

えーあんまり女性慣れしすぎているのはちょっとなぁ。やっぱり好みじゃないかも。

と思いながらもまんまと甘い言葉にときめいてしまいました。

堅物な人を落とすのも楽しいですが、こういう軽い人を真剣にさせるのもすごく楽しい。

えっ、部屋でふたりきりになれるんですか!?

なんか秋兵さんルートはやたらと部屋でふたりきりになろうとする展開が出てきましたね。

私個人的にはその展開大好きです。

「部屋に行くのはやぶさかでない。でもさすがにまずいよね」というのが、意識してる感あって好きなんですよ笑

梓「えっどうして・・・???(すっとぼけ)」

ほんと乙女ゲーの主人公って小悪魔だなって思う笑

「助かりますが」とは・・・(意味深)

さすがに梓ちゃんといえど、虎あたりだったらふたりきりになるのは警戒するんじゃなかろうか笑

言い方どうなの秋兵さん!笑

年上も年上ですよね。

梓ちゃんの16歳に対して秋兵さん26ですよ!?

個人的には若すぎなくてこれくらいの年齢が一番好きかもしれない。

手ぐらいなんぼでもどうぞと思ってしまった。

えっっベッドにまで来るんですか!?!?

部屋に来るだけでなく、ベッドにまで腰掛けようとする秋兵さん。

誘ったのは無自覚の梓ちゃんですが。

!!!???

えっと・・・ふたりでベッドに腰掛けてる状況ということですよね。

こんなギリギリの恋愛イベントって「遙か」シリーズにあったのかな。

少なくとも私が思い返す中では一番高揚するイベントなんですが!!

ええええええっ!!!?

・・・

ま、そんなことになるはずはないんですけどね笑

このときは、「ネオロマにはそんなの求めてないよ!」という思いと「もっと・・・もっと甘い展開をくれ!!!」という相反する気持ちが共存してました。

いや、嘘偽りなく言うと「もっと甘い展開を!」の気持ちが勝ってましたよええ。

ルードくんならこの感情を「下衆」と言うんでしょう。

「遙かなる時空の中で6」片霧秋兵ルートの感想まとめ

というわけで「遙かなる時空の中で6」片霧秋兵ルートの感想でした。

最初から甘い言葉を言ってくれるキャラって、期待値が高いぶん実際に攻略すると拍子抜けするパターンもあるんですよ。

でも秋兵さんは期待値をはるかに超える甘さで満足。とても満たされました。

秋兵さん自身にときめいたというよりは、甘さたっぷりのイベントの数々にときめいたというほうが正しいかもしれませんね。

キャラ的には依然ダリウスが一番好きですからね。