私の人生を狂わせたゲーム10

【遙か3なのに甘い!予想外に甘い!】「遙かなる時空の中で3Ultimate」銀ルート感想

なにげに「十六夜記」は未プレイだったので、今回一番楽しみにしていたのが銀と平知盛ルートだったんですよ。

これまで「遙か3」はヒノエくんと九郎さんが最高だと思っていた私・・・。

覆されました。

銀すごく良いですよ・・・今更すぎるけどっ!!

「遙か3」は全体的に甘さが控えめなので、銀のストレートな表現には幾度となくときめきました。

とても良い。

敬語で甘やかしてくれるキャラ自体も好みド真ん中だし、まだ知盛が未攻略ですが現時点で一番好きかもしれない!

でも銀を攻略するにあたって知盛ルートもかすめるんですよね。

そのときに知盛に何度か不覚にもきゅんっときてしまったから、知盛に抜かれる可能性はかなりあると思う・・・笑

そんなわけで、銀ルートの感想を書いていきます。

「遙かなる時空の中で3Ultimate」銀ルート感想

PS2の「十六夜記」は未プレイだったので、銀というキャラを攻略するのは初めてでした。

それもきっとあるでしょうが・・・一番好きなキャラになりました。現時点で。

ストーリーはそそられるし、銀のキャラもめちゃくちゃ良いしで最高でしたっ

平知盛と同一人物だと思っていた

冒頭にも書いたように、「十六夜記」は未プレイだったので知らなかったんですよ。平知盛と銀の関係性。

一応キャラクター自体は認識してたんですけど、10数年間ずっと彼らは同一人物だと思ってました。

だってこの見た目だもの

瓜二つな見た目に加えて、声優さんも同じでしたしね。

だから普通に物語としても気になってたので、攻略してスッキリ!

というかホント「遙か3」はよくできてるなと改めて関心しましたよね。

ファンディスクで追加されたキャラにこんなに感動してときめくなんて予想外でした。

泰衡さんに何度も本気でムッとしてしまうくらいには銀を好きになってました。

銀はキャラがすごく良い!

キャラがね・・・良いのですよ。というか私好みすぎました!!

記憶を失っている、人形っぽいという点では「遙か6」の萬くんにキャラクターは似ているかな?

萬くんはひたすら可愛い〜〜〜って感じだったんですけど、銀は青年だから。普通にかっこいいし、ストレートな言動にはきゅんきゅんしました。

そして敬語+優しいキャラに弱い私は秒で銀の魅力に溺れてしまいましたよね。

呼吸するがごとく甘いセリフを言ってくれる!

チョロい・・・チョロすぎるぞ私っ!!!

なんだろう・・・簾越しの会話とか、知盛の死からの出会いとか、いちいちロマンチックなんですよね。

「十六夜の君」なんて呼ばれ方も美しすぎて。

美しいからこそ、一度経験しないといけない銀の心が死ぬ運命がとても悲しい。

知盛未攻略の段階で言うのもアレですが、銀ルートのためにあるようなもんなんじゃないでしょうか。十六夜記というファンディスクは!

ストーリーが際立つ「遙か3」の中でもとくに良いと思いましたね。

ああ、まさかヒノエくんと九郎さんを超える感動を味わうことになるなんて・・・!!

現時点では銀さんが最愛キャラだな。

とにもかくにもストーリーが良かった!

ストーリーがね・・・正直わりと苦労して心折れそうになったんですよ。

発生するはずのイベントが発生せず原因がわからなくて、何度も同じところぐるぐるしちゃったりして。

推奨される順番で攻略しないと大変っぽいですねこれ。

でも心折れかかったぶん、エンディングを迎えられたときの感動といったら半端ないですよ。

泰衡さんに従うことこそが正義だった銀が、自らの意志で行動する瞬間はグッときたものです。

一度銀の心が死んでしまう運命を見たうえでのあのエンディングなので、感動はひとしおなんですっ

銀ルートは初めてだったから最後まで結末が気になりすぎてしかたありませんでしたね〜〜!

それにしても現代ENDですか・・・。

銀はあの時代でも女性からモテモテでしたけど、たぶん現代でも女性の注目の的になりそうだなぁ。

銀の一途さからして心配はなさそうですが、望美ちゃんの立場なら気が気じゃなさそう。笑

銀の萌えポイント3つ

おおざっぱに言うとストーリーと銀のキャラが萌えるという話をしてきたわけですが・・・

細かいところで萌える要素を最後に語っておきたい!

まずひとつめ。

望美ちゃんに惹かれてはいけないと自制しようとし、でも思いを止められない姿が良いっ

望美ちゃんを愛することが罪だと、「惹かれてはダメ、惹かれてはダメ」だと自らに言い聞かせるんです。

でも思いはとどまるどころかあふれてしまう・・・この銀の苦悩が不謹慎だけど萌えるんですよ。

ふたつめ。

こんなに麗しいルックスと物腰柔らかな性格をしている完璧な人なのに、意外と嫉妬深いところ!

後日談では嫉妬深い一面を見せてくれます。泰衡さんにヤキモチ焼く銀がかわいすぎるぅ!

3つめ。

戦闘シーンで術を使うときのセリフがね・・・良いのですよ。

なんだこのセリフは・・・触れることに許可を得ようとする銀にときめきます!!

いいよ。どんどん触れちゃって。

戦闘はオールスキップでちゃっちゃと終わらせるのが基本ですが、銀のこのときのセリフだけは聞いちゃう。

的確にツボを突いてくるんですよね〜。

「遙かなる時空の中で3Ultimate」銀ルート感想まとめ

ファンディスクで追加された銀がこんなに良いとは思ってませんでした。ちゃんと「十六夜記」が出たときにやってればよかった〜!

「十六夜記」未プレイだったからこそ、平知盛との関係が気になってストーリーにもそそられましたし、ハイクオリティで魅力的なルートだったと感じましたね。

銀のキャラも私にはドンピシャリな感じで萌え萌えできました!!

甘さ控えめな「遙か3」の中ではかなり高レベルな甘さなのではないでしょうか!

そして銀ルートをプレイしていると銀にときめくのはもちろんなんですけど、知盛への期待がますます高まりましたね。