【周回欲がとまらない】「ファイアーエムブレム風花雪月」感想レビュー

今さらながら「ファイアーエムブレム風花雪月」をプレイしました。

「ファイアーエムブレム」シリーズは一度もやったことがありません。スマブラでマルスとロイを知っているくらい。

なので、自分の好みに合うかどうかもわからない未知の状態でのプレイとなりました。

プレイした感想としては、すごく面白かった!!

や、0〜15時間あたりは少し退屈だったんですよね。

学級対抗や山賊退治とかで生徒とキャッキャしているだけに感じたのと、キャラや用語地名などが入ってこないのとで。

でも、物語の中盤に差し掛かったあたりで急激に引き込まれました。そしたらもう、気づいたら3周しちゃってましたね。

「ゲーム・オブ・スローンズ」みたいなもんです。

シーズン1は何がなんだかわからないけど、見続けていると話がわかるようになってめちゃくちゃ面白くなってくる感じが。

そして周回すればどんどんわかることが増えていくから、また最初から違うルートでやりたくなるっていう。

前置きが長くなりましたが、プレイした感想を書いていきます。

「ファイアーエムブレム風花雪月」感想レビュー<良かった点>

>>Amazonでゲームを見る

>>楽天市場でゲームを見る

では「ファイアーエムブレム風花雪月」で良かったと思った点から感想を書きます。

ストーリーが良すぎる

これだけキャラクターが多いと全体的に薄そうだな〜というのが第一印象。

ですが、その第一印象は良い意味で覆されました。

いっても任天堂のゲームだから、内容はライトな感じなのかなと思っていたんですよね。

ところが蓋を開けてみれば、スケールは大きいしすごく内容が重たい。

ストーリー前半で仲良くしていた他学級の生徒が、後半敵として出てくるからつらいんですよね。

1周目は他学級にとくに思い入れがないから普通に倒せるけど、周回するたびにキャラへの愛着がわくからしんどい・・・!

みんながどんな思いで戦争に身を投じているか知っているから、悲しくなってきます。

こんな心が揺さぶられるなんて思ってもいなくて、私的にはかなりインパクトあるゲームでした。

戦記もののゲームとしてすごく楽しめましたね。可愛い絵柄に騙されてしまいました。

「ファイアーエムブレム」ってこんな壮大で重たい内容なんですね。

キャラが良い

キャラがみんな良いです。

こんな人数が多いのに、ちゃんとひとりひとりの個性と背景が描かれています。

外伝の戦闘、支援会話(好感度上昇によって発生するキャラ同士の会話)で丁寧にキャラの背景や心情が描かれるんですね。

このキャラにはこんなつらいことがあって、だから今こうなんだな〜とか。

人間模様やそれぞれの信念を知るたび、どんどん生徒が可愛くなってきます。

主人公がちやほやされすぎて気持ち良い

しょうもないことかもしれませんが・・・主人公が持ち上げられまくって気持ち良いです。

人格がない主人公のゲームだと、主人公が置いてけぼりだったり、終始傍観者でしかなかったりしないかが懸念でした。

人間模様を眺めるだけ・・・にならないかが心配だったんですね。

でも全然そんなことありませんでした。

生徒からも先生からもちやほやされまくるし、主人公が必要とされているんだとすごく伝えてくれます。

群像劇みたいな感じだけど、しっかり主人公が主人公してるのが良かったですね。

ほぼ関わらなかったキャラさえも友好的だから違和感あるときもあるけど、全然いいです。ちやほやされまくり最高。

結婚できるからキュンキュンする

キャラと仲を深めれば最終的に結婚できます。

決してギャルゲーや乙女ゲーではないので、あっさりとはしています。

だけど、苦難を乗り越えたあとの結婚はとても甘美でした。

特別な会話を見るために周回するまであります。

「ファイアーエムブレム風花雪月」感想レビュー<気になった点>

不満点はとくにありませんでしたが、周回するうえでちょっと面倒だな〜と思ったところはありました。

探索がちょっと面倒

周回前提とまではいいませんが、周回推奨なゲームだと思うんですよね。

3つの学級によってシナリオが変わるので。

ただ、周回にあたってちょっと煩わしさを感じるのが探索。

マップが見づらいし、ちまちまとクエストやったり落とし物拾いをするのが面倒です。

せめて、マップからキャラのもとへファストトラベルできればストレスがなかったかなと思いました。

難易度にイージーがほしかった

イージーモードがほしかったなと思いました。

すべてのルートをクリアしたあとは、未回収イベントを回収するのがおもな周回の目的になるかと思います。

そういう目的だと、戦闘はサクッと済ませたいんですよね。

ノーマルだとそこそこ歯ごたえがあるうえ、時間がかかってしまうので・・・

なので、ノーマルよりも簡単なモードがあればうれしかったです。

「ファイアーエムブレム風花雪月」感想レビューまとめ

任天堂のゲームって、誰もが楽しめるけどどちらかというと子ども向けなイメージでした。

でも「ファイアーエムブレム風花雪月」はわりと大人向けって感じです。

可愛い絵柄で中和されていますけど、描かれているのは戦争中の人間模様ですしね。

一度担任を受け持ったクラスの生徒を倒すときは、なかなか心に来るものがありました。

とくに好きなキャラを斬る場面はつらい・・・!

とはいえこういうヘビーで血なまぐさい世界だからこそ、強く心を揺さぶられ惹きつけられるのも事実。

はじめてプレイするシリーズでこんなにハマるとは思ってなかったな・・・。

最初はだるかったんですけど、最後までやってよかった。どんどんおもしろくなっていきましたから。

>>Amazonでゲームを見る

>>楽天市場でゲームを見る